ツイッター

    【おま天】チェスの天才に「アダルトグッズによる不正行為」疑惑 振動で最善手をカンニングか? [512899213]



    1: 億ったーがお送りします 2022/09/22(木) 06:51:19.01 ID:0Tj+z3S+0●.net

     チェスの天才と呼ばれる男が、30万ポンド(約5000万円)の賞金をかけた世界最大のチェストーナメントの1つシンクフィールド杯の決勝戦で、靴の中にアダルトグッズを入れて、その振動で正しい手を知らされていたとして、カンニングを疑われている。
     同大会で、世界ランキング 49 位以下のアメリカ人ハンス ニーマン(19)は、5度のグランドチャンピオンに輝いているマグヌス・カールセン(31)を撃破。カールセンはそれまで53連勝を記録しており、2人には大きな実力差があると考えられていた。
     そこで、直腸に振動を与えるアダルトグッズの振動により、最善手を遠隔で教えられているという疑惑が浮上。この論戦にはスペースXのCEOであるイーロン・マスクも加わり、すでに削除されたツイートで「才能は誰も打てない的を射る、天才は誰にも見えない的を射る(それは尻にあるから)」とニーマンの不正疑惑を揶揄した。
     この不正疑惑の影響のため、大会主催者は今の試合を15分遅れで放送し、さらにセキュリティ対策を講じることになった。
     対戦相手だったカールセンは、シンクフィールド杯を棄権し、敗戦の翌日には、サッカー指導者のジョゼ・モウリーニョが「もし私が喋ったら、大変なことになる」と話すビデオクリップを含む不可解なツイートを投稿。アメリカのグランドマスターであるヒカル・ナカムラは、ニーマンが「おそらく不正をしている」と思ったからカールセンが辞退したと主張し、疑惑はさらに深まる結果となった。

    しかしソースはトカナ
    https://tocana.jp/2022/09/post_241236_entry.html

    続きを読む