時事ネタ

    【悲報】住宅でクマが玄関土間に入り込み、ネコの餌食べるwwwwwwwwwwwwwww

    KMA19730023_TP_V.jpg

    1: Lv][HP][MP][ ★ 2020/06/03(水) 15:10:21.59 ID:C9L3xgiM9
    2日午前4時ごろ、福島市の民家で住民の70代男性がクマ1頭を目撃、近所の住民を通して福島署に通報した。

    同署によると、クマの体長は約80センチ。
    玄関土間に置いてあったネコの餌を食べていたが、男性に気付いて逃げたという。

    以下ソース:福島民友新聞 2020年06月03日 08時35分
    https://www.minyu-net.com/news/news/FM20200603-503909.php

    続きを読む

    時事ネタ

    【謎】巨大タンポポなぜ但馬に、名前はまだないwwwwwwwwwwwww

    zu619DSC_9419_TP_V.jpg

    1: 靄々 ★ 2020/06/02(火) 19:57:56.42 ID:EMwwOrvK9
    巨大タンポポなぜ但馬に!? 学名なし、消滅危機

     兵庫県の但馬で最大のタンポポである。名前はまだない-。ごく限られた地域で毎年春になると、新種の可能性がある巨大なタンポポがひっそりと咲き続けている。花の直径が5センチほどもあり、但馬で確認されている11種のタンポポの中では最大。20年近く前に見つかったといい、仮称を「オオクシバタンポポ」という。学名もなく、正式な研究を待っている状況。なぜ但馬にあるのか。名も無きタンポポの謎に迫ってみた。(阿部江利)

     但馬の植物調査を長年続ける元小学校教諭で県生物学会但馬支部長の菅村定昌さん(61)=NPO法人コウノトリ市民研究所副代表=によると、中国山地などに自生するクシバタンポポに似ているが、葉が「くし形」にならない点が異なり、花が大型なのが特徴。北方系の在来種エゾタンポポの仲間とみられる。

     但馬では2000年ごろから「ばかでかいタンポポ」の情報が市民研究者から菅村さんに寄せられていた。研究者や市民らによる「タンポポ調査」が近畿で一斉に行われた05年、豊岡市竹野地域の1カ所で確認。その後、香美町の一部と京都府綾部市でも見つかった。西日本を対象にした15年の調査では山口県周南市に似た花が広く分布していたが、同じ種かどうか検討が必要という。

     竹野地域では今春も、大人の膝丈まで茎が伸びた巨大タンポポが咲き、綿毛を飛ばした。一方、香美町では数十株ほどに激減。菅村さんは「シカの食害やそれに伴う環境の変化が急激に進んでいる」と指摘する。名も無きタンポポは、名も無いままに消滅の危機と闘っているのである。

    ※以下省略。全文はソースからご覧ください


    但馬で見られる在来種では最大の「オオクシバタンポポ」=豊岡市竹野町竹野
    no title

    神戸新聞NEXT
    no title


    https://www.kobe-np.co.jp/news/tajima/202006/0013388707.shtml
    2020/6/2 05:30神戸新聞NEXT

    続きを読む

    時事ネタ

    【興味】現在、必要でないモノ1位は「学歴」wwwwwwwwwwwwwwwwww

    caste_men.png

    1: ばーど ★ 2020/06/01(月) 18:32:48.62 ID:RhkZr3GR9
    日本リサーチセンター。インターネットを使った調査、15歳以上の男女1万932人が回答した。調査期間は4月24日から27日まで。

    「これって、本当に必要かな?」「買わなければよかった」――。このように後悔したことがある人も多いと思うが、実際どんなモノを不要に感じているのだろうか。15歳の男女に「現在、必要でないモノは?」と聞いたところ、「学歴」(28.6%)を挙げる人が最も多く、次いで「資格」(22.2%)、「車」(20.7%)であることが、日本リサーチセンターの調査で分かった。

    4位は「生命保険」(14.0%)。以下「本(紙媒体)」(13.4%)、「マイホーム」(11.9%)、「テレビ放送」(9.1%)、「テレビ本体」(7.5%)という結果に。一方、最下位は「現金」(2.6%)。「メール」(3.1%)や「パソコン」(4.9%)も挙げる人が少なく、まだまだ「必要」と感じる人が多いことがうかがえた。

    no title


    年代別でみると、「学歴」は男女とも年代が高くなるほど「必要としない」と答えた人が多く、50代以上では男性のほうが多い。「資格」も男女ともに高齢層ほど「必要としない」と答えた人が多く、60代以上の男性は40.6%、女性は37.6%。

    男女別でみると、「車」は女性のほうが必要としないと答えた人が多く、逆に「生命保険」「テレビ放送」は男性のほうが多い。

    no title


    インターネットを使った調査で、15歳以上の男女1万932人が回答した。調査期間は4月24日から27日まで。

    2020年06月01日 13時47分
    https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2006/01/news093.html

    続きを読む

    時事ネタ

    【臭い】宇宙食に選ばれた干物、ホットプレートで温めて食べるwwwwwwwwwwwwww

    space_iss.png

    1: ジェット ★ 2020/06/01(月) 17:06:01.86 ID:ATGG7Fba9
    『「スペースまるとっとアジ」は、今後、国際宇宙ステーションに滞在する宇宙飛行士に提供されることになる』

     アメリカ・フロリダ州のケネディ宇宙センターから打ち上げられたスペースXの有人宇宙船「クルードラゴン」は、ISSとドッキングし、日本時間の1日午前2時半ごろ、2人の乗組員はステーションに移動した。民間企業が開発した有人宇宙船が、ISSにドッキングするのは初めてだ。
     一方、日本ではアジの干物が地球を飛び出し、宇宙へはばたく。
    愛媛県の食品メーカー・キシモトが開発した干物「スペースまるとっとアジ 燻製しお味」が宇宙日本食として宇宙航空研究開発機構(JAXA)から認証された。
    宇宙日本食には、これまで、やきとり、羊羹、柿の種、切り餅、ガムなど認証されているが、干物の認証は日本初だという。

     宇宙日本食の認証を受けた「スペースまるとっとアジ」は、今後、国際宇宙ステーションに滞在する宇宙飛行士に提供されることになるという。

    この「スペースまるとっとアジ」は、キシモトの人気商品「まるとっと」を改良したものだ。
    「まるとっと」は、約10年前に魚を丸ごと食べたいと望むお年寄り向けに開発された、骨まで食べられる無添加・塩分控えめの商品で、現在は、子供から高齢者まで幅広い世代で愛されている。

     ではなぜ今回、「スペースまるとっとアジ」が宇宙日本食に認証されたのか?
    一般的な干物と比べて、どんなところが優れているのか?
    「スペースまるとっとアジ」を開発したキシモトの岸本賢治専務に詳しく話を聞いてみた。

    以下ソース

    FNN PRIME
    https://www.fnn.jp/articles/-/47509

    続きを読む

    時事ネタ

    【懐かしい】「ザ・ベストテン」が再放送されるwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

    music_singer_woman.png

    1: muffin ★ 2020/05/29(金) 14:48:34.16 ID:krCMlHUF9
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/05/29/kiji/20200529s00041000106000c.html
    2020年5月29日

    1978年1月から約12年間続いたTBSの音楽番組「ザ・ベストテン」が、同局のCS放送「TBSチャンネル2」で再放送される。これまで特番などで名場面が流れることはあったが、今回は当時の丸々1時間の放送となる。

    6月20日土曜の午後7時にスタート。初回は五輪真弓(69)の「恋人よ」が1位だった80年12月25日放送分。近藤真彦(55)、田原俊彦(59)、松田聖子(58)と80年代のスーパーアイドルがそろって出場した華やかな回だ。以後、放送順ではなく、スタッフが特に話題を集めた回を厳選して不定期で放送していく。

    ベストテンはTBSにとって「8時だョ!全員集合」と並ぶキラーコンテンツで、再放送を望む声が多数寄せられてきた。CSは“ベストテン世代”の視聴者も多い。その一方で近年、若者の間では昭和歌謡がブーム。新橋などの昭和歌謡曲・ポップスを流す居酒屋にも若者の姿が目立った。スタッフは再放送を目指し1年ほど前から、各アーティストや関係者と許諾の交渉を続けてきた。そんな中、先月下旬、昭和歌謡曲を特集した同局の「マツコの知らない世界」が番組史上最高の視聴率15・4%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録。スタッフは手応えを感じた。

    ベストテンは全編生放送で、松田聖子が新幹線のホームで歌ったりと「生」ならではのハプニングが満載。とんねるずが、ファンにもみくちゃにされながら歌ったこともあった。コンプライアンスが厳しく、さらに3密回避の現在ではあり得ないシーンが続出。これらの回が放送されるかは今後歌手サイドとの交渉になるが、ファンにとって超貴重な映像がオンエアされる可能性もある。初回は12年間にわたって久米宏(75)らと司会を務めた黒柳徹子(86)とゲストとの特別対談を合わせたスペシャル版。黒柳は「令和の時代によみがえった『ザ・ベストテン』をお楽しみください」と呼び掛けている。

    no title

    続きを読む